土地活用について


相続相続で土地が手に入ったものの自分で使うことは当面ないであろうケース、または以前土地を購入したが今ではまったく有効活用できていないといったケースなど、空いた土地を放置したままの状態にあることは決して珍しいことではありません。土地を持っていると聞くと財産があってよい響きにもきこえますが、有効的に活用できていなければ、維持費にばかりお金がかかってしまう上に利益は生まないのでまったく意味はありません。

したがって、自分自身では活用する手だてがないので、人に貸すなどして何らかの利益を生むような土地活用法を知りたいと思っている人は少なくないかもしれません。土地活用法によって、収益性やリスクの問題など特徴はさまざまですが、土地を宝の持ち腐れにしている人は、ある程度土地活用について勉強をして、少しでも利益を回収することが賢い生き方につながるでしょう。土地を有効的に活用するためには、まず自分が所有している土地の価値を知ることです。その土地が囲まれている環境、利便性などを含め、土地の情報を正確に把握し、その土地の特徴にあった活用法を探りましょう。

また利益をあげたい場合に、その回収期間を一気に集中させたいのか、長期的に継続して行いたいのか、その違いによっても活用法は変わります。自分の目的にしっかりと合った活用法をみつけて、賢く財産を運用することで、宝の持ち腐れとなった土地を本当の宝に磨き上げることは可能です。

土地を相続しましたが、何かいい土地活用方法ないですか?

私ごとですが、現在不動産会社に勤務していてタイトルのような相談が結構多くあります。さまざまな土地活用のバリエーションがあって、「これが一番!」というのはその案件毎に違います。商業エリアの立地であれば、商業店舗を建築して賃貸する方法や土地を貸して地代を得る方法、住宅地であれば、アパートマンション等の賃貸住宅を建築して家賃収入を得る方法、駐車場として月極めや時間貸しで駐車料金を得る方法 ・・・・・さまざまです

また、所有者の属性によっても有効な土地活用の方法は変わってきます。好立地のほかに資金が潤沢であれば、思い切って商業ビル等を建てて賃貸する方法もあれば、予算があまり無いようであれば、初期投資が少額で済む駐車場だったり借地だったりします。

あともう一つ考えて欲しいのが、その土地の売買評価価格です。要は土地活用後、5年経過した時に市場ではどれくらいで売買できるのか。それが自分の希望価格と比べてどうなのかを考えておく必要があります。5年後なんてわかるわけないでしょ!と言われそうですが、市場動向、土地活用の内容、賃貸契約の内容等想定されることを組み合わせることによって、ある程度予想はできます。そのような事を専門に行っている不動産業者さんもいますので、一度相談してみてはどうでしょうか。

おすすめの効果の高い土地活用方法の紹介

親から受け継いだ土地、住宅に関して、どのような使い道をすればよいか困っている人もいると聞きます。この不況下、ビルを建てても、なかなか入る人はいない、借金だけが膨れ上がるということも多いという。今回はおすすめの土地活用法を紹介します。

第一は、売ってしまうという手段があります。今は資産として土地をもっているより、現金のほうが重宝される時代です。特に子供がいないというような家庭の場合、土地を残すより、現金や債券にする方が効果は高いでしょう。

第二は、駐車場にするという手段です。これは、ビルを建てたりアパートにするよりもコストがかからず、維持費もかからずに済む。勿論立地条件によって、駐車してくれる人(客)がいるかどうかが変わってくるが、それはビルやアパートにしても同じことです。駐車場の場合、駅前であれば臨時駐車場にできるし、住宅地の中であれば月極めで経営をすればよいです。以上がおススメの効果の高い土地活用方法です。