さまざまな土地活用


合致土地を有効的に活用するといっても、その土地が抱える条件と所有者の利用目的に合致した活用法でなければ、効率的に利益をあげることはできません。いくつかの土地活用法を知り、その中から自分が望むスタイルを選択することが大切です。まずは、一度に多くの収益を手に入れたい場合は、思いきって土地の売却を検討することがよいでしょう。土地を売買するためには、不動産会社を介して土地購入希望者を探し、お互いの条件をすり合わせて合致したところで、売買契約を結びます。

土地を売買するためには、当然ながらその土地が持っているさまざまな条件(周辺の環境、利便性、陽当たり、騒音などの不利な面はないかなど)を調査・査定し、その結果を公表することが大切です。そして売買が成立すれば、一気に収益をあげることが可能です。

また土地を売却する代わりにその土地の上に建物を建てて等価交換する方法もあります。次に、土地を継続的に活用する手段で、一定期間所有地を貸し出し、長期的に一定収入を得られる方法もあります。法律では、契約期間が終了すれば滞りなく所有者に土地が返却されるように取り決められているため、安心して契約を結ぶことができます。そのほか、初期投資が必要となりますが、土地の上に駐車場やマンション、ビルなどを建ててから経営し、継続的に賃貸収入を得る方法もあります。